2020年の東京五輪・パラリンピックで、東欧セルビアのバレーボール代表が防府市で事前合宿をすることが固まった。14日に高原寿一・駐セルビア大使が市内を視察し、年内の協定締結に向けた調整などをした。協定が結ばれれば、山口県内での事前合宿の誘致決定は初となる。

...    
<記事全文を読む>