バレーボールで被災地を元気づけよう-。第23回気仙オープンバレーボールナイターリーグ選手権大会は11日、住田町世田米の町社会体育館で開かれ、県内外11チームが熱戦を繰り広げながら交流を深めた。大船渡、陸前高田、住田の気仙2市1町のチームだけでなく、震災前は大船渡市で学んだ北里大OBや1984年ロサンゼルス五輪日本代表の奥野浩昭選手も参加。震災後も継続してきた大会は、輪を広げながら復興への意欲を高めている。

 今大会は11チーム約100人が参加。予選リーグ、決勝トーナメントを行い、日頃の練習の成果を競った。

 震災直後の2011年5月、同町世田米の世田米小体育館に約100人が集まった。震災前...    
<記事全文を読む>