バレーボールチャレンジリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは5日、東京都の稲城市総合体育館で警視庁フォートファイターズと対戦し、3―2で競り勝った。大分三好は2連勝。通算成績は13勝2敗(37点)で順位は首位のまま。

 大分三好は11日、川崎市の宮前スポーツセンターで大同特殊鋼レッドスターと対戦する。大分三好(37)3 ― 2警視庁(10) 攻守の歯車かみ合わず 大分三好がフルセットの末に警視庁を振り切った。失ったセットはいずれも23―25の僅差で、勝負の第5セットもジュースにもつれる大接戦だった。紙一重の勝利に小川貴史監督は「苦しかったが泥くさくても勝ちきることが何より」と胸をなで...    
<記事全文を読む>