バレーボール・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズに今春入団する渡辺真恵(さなえ)(盛岡誠桜高3年)が内定選手として4試合に出場し、活躍も見せている。次代を担うサウスポーは「まずはレギュラーを獲得し、さらに(2020年)東京五輪出場を目指したい」とレベルアップを誓う。

 渡辺は1月21日の日立戦でVリーグデビュー。第1セット途中からライトで出場し第2、第3セットはスタートからコートに立った。アタックで9点、ブロックで2点を奪い「緊張せず、視野を広く持って落ち着いてできた」と振り返る。

 1月初めの春高バレー後に岡山シーガルズに合流。不安もあったが、先輩に温かく迎えてもらった。チームにはリオデ...    
<記事全文を読む>