市尼崎高時代の同級生で、バレーボール男子の名門大学で主将を務めた久原翼(21)=東海大4年、尼崎市出身=とロジャーズ海(22)=筑波大4年、川西市出身=が、国内最高峰のプレミアリーグ入りを決めた。ともにウイングスパイカーの2人。2020年の東京五輪を目指し「まずはチームで認められるように」と飛躍を期す。(小川康介)

...    
<記事全文を読む>