ニュージーランドの空手代表チームが2020年東京五輪の直前キャンプを沖縄県内で行う。県、沖縄市と3者で3月6日、県庁内で協定を締結する。県が県内20市町村と「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会」を立ち上げた昨年8月以降、五輪代表チームの県内キャンプが決まったのは初めて。

 ニュージーランドの代表チームは、東京入りの直前に沖縄市武道館を拠点に合宿を行う。五輪の前年にも事前キャンプを検討している。参加人数は五輪の出場枠によって変動するため未確定だが、代表選手の中に沖縄市に住んだことがあるニナ・エドガー選手がいることから、豊見城市の沖縄空手会館ではなく沖縄市を選んだという。

 県は3月4日...    
<記事全文を読む>