2019年に神戸市で開かれる「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」のプレイベントが27日、同市中央区であった。リオデジャネイロ・パラリンピックの選手らが講演したほか、公益財団法人兵庫県障害者スポーツ協会と県内の企業や大学など46団体が「障害者スポーツ応援協定」を締結。20年の東京パラリンピックへ向け、協力体制を強めた。

 ISPO世界大会の兵庫・神戸特別企画推進委員会とG7神戸保健大臣会合推進協議会が主催した。

 リオ大会の男子走り幅跳びで銀メダル、男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した山本篤さん(34)は、振ると音が鳴る二つのメダルを掲げ、「点字が刻まれ、銀と銅では音も違う。いろ...    
<記事全文を読む>