2016年10月に宇都宮市で開催され、過去最多の13万5千人が訪れた「ジャパンカップサイクルロードレース」を巡り、佐藤栄一(さとうえいいち)市長は27日の定例記者会見で、経済波及効果が過去最高の28億4500万円に上ったとの試算を発表した。15年の試算額15億9千万円に比べ、12億5千万円超も急増した。

 25回の節目を迎え、市制120周年を記念して開催された昨年のジャパンカップ。来場者数は大通り周回コースの「クリテリウム」が5万人、市森林公園のロードレースが8万5千人に上った。

 市は大幅な増額の要因について、人気メーカーが最多のブースを出店したことで活発な消費行動につながったことに加え...    
<記事全文を読む>