自転車ロードレースのアジア選手権大会第3日が27日、バーレーンで行われ、U23(23歳以下)男子個人タイムトライアル(25・6キロ)で鹿沼市出身の小野寺玲(おのでられい)(宇都宮ブリッツェン)が2位に5秒以上の差をつける34分21秒16で初優勝した。2位は中国の選手で34分26秒69、カザフスタンの選手が34分30秒29で3位だった。

 小野寺は日本自転車競技連盟を通じ「タイトルが取れて安心した。チームにお土産ができた」と喜びのコメントを出した。

 大会は3月2日まで。

...    
<記事全文を読む>