日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、鳥羽高出身の宇良(24)=本名宇良和輝、木瀬部屋、関西学院大出=が西前頭12枚目で新入幕を果たした。

 宇良はこの日、大阪府吹田市の宿舎で晴れやかな表情で会見に臨んだ。わずか2年での幕内昇進を喜びつつも、「この世界で通用しないと今も思っているからこそ体作りに力を入れている」とその姿勢は謙虚そのもの。小兵のハンディを克服するため高校時代から地道に努力を重ねてきた宇良らしい実直さがにじみ出た。

 土俵の上にござを敷いた会見場は報道陣で満員に。宇良は念願の幕内昇進に「入門時に『2年で関取に』と言ったが、...    
<記事全文を読む>