カーリングの混合ダブルス日本選手権が3月1日、北見市常呂町のアドヴィックス常呂カーリングホールで開幕する。2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表選考会を兼ねた大会。北海道銀行のスキップ(司令塔)で、3度の五輪出場経験を持つ市常呂町出身の小笠原歩選手(38)ら有力選手が4人制から相次ぎ転向し、注目される今大会は同ホールで無料で観戦できる。

 男女のペアで編成したチームが出場する大会。全国各地区の予選を勝ち抜くなどした16チームが出場し、2ブロックに分かれて1~4日まで予選リーグを行う。上位4チームが5日午前9時半から準決勝を戦った後、同日午後1時から決勝を行う。

 優勝チームは4月の世界...    
<記事全文を読む>