バドミントンの日本リーグ(2部相当)とチャレンジリーグ(3部相当)の入れ替え戦は26日、東京都立川市の柴崎市民体育館で行った。チャレンジ男子1部1位のAC長野パルセイロクラブは、日本リーグ最下位のトヨタ自動車九州(福岡)に1―2で競り負けて昇格を逃した。

 AC長野クは藤巻・アグリッピナ組が第1ダブルスを2―1で制したものの、シングルスで植田がストレート負け。第2ダブルスの小町谷・河野組も0―2で敗れた。

...    
<記事全文を読む>