日本相撲協会は27日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表した。郷土力士は、幕内の豪風(37)=尾車部屋、本名・成田旭、北秋田市出身=が東前頭筆頭となり、上位陣との対戦が見込まれる。東前頭5枚目で臨んだ先場所で10勝5敗と大きく勝ち越し、4枚上げた。

 幕下は、先場所4勝3敗で勝ち越した佐々木山(25)=木瀬部屋、佐々木大輔、大館市出身=が5枚上げて東31枚目。4勝3敗だった力斗(23)=時津風部屋、中川力斗、横手市出身=は4枚上げて西34枚目とした。

 三段目は、先場所2勝5敗で負け越した華王錦(38)=東関部屋、村田武志、美郷町出身=が25枚落として西3...    
<記事全文を読む>