【遠軽、湧別】第32回湧別原野オホーツククロスカントリースキー大会(実行委、北海道新聞社など主催)が26日、オホーツク管内遠軽、湧別両町で開かれ、1149人が出場した。

 5人で100キロを滑走するスキー駅伝と、5~85キロの距離別の個人6種目が行われた。昨夏の台風の影響で、例年のコースの一部は滑走できない。このため、スキー駅伝と個人3種目では、3月19日に開通する予定の旭川紋別自動車道の丸瀬布IC(インターチェンジ)―遠軽瀬戸瀬IC間11・2キロに、雪を敷き詰めてコースの一部とした。

...    
<記事全文を読む>