【壮瞥】25日に開幕した第29回昭和新山国際雪合戦(町などの主催)では中国からのチームが初めて参加し、大会を盛り上げた。小学生によるジュニア交流戦の部では町内から壮瞥小が参加した。

 中国は昨年11月から主催団体の一つである国際雪合戦連合に加盟し、予選を勝ち抜いた1チームが中国代表として一般の部に参戦した。今大会では予選リーグで敗退してしまったが、福建省の自営業韓薛鋒(カンセツホウ)さん(32)は「負けてしまったけど楽しかった。スポーツを通して日本の人と仲良くやっていきたい」と笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>