アイスホッケー女子の第21回全日本選手権Bグループ(2部)第2日は25日、日光霧降アイスアリーナほかで準々決勝、準決勝を行った。日光アイスバックスレディースは準々決勝で苫小牧ネクサス(北海道)に2-5で敗れた。

 バックスレディースは2点を追い掛ける第1ピリオド19分、FW小平百香(おだいらももか)が得点。第2ピリオド4分には、パックを奪ったDF藤沢智子(ふじさわともこ)がそのまま攻め込んで同点ゴールを挙げた。

 しかし、4分後に相手の逆襲を受けて失点。その後はパワープレーの好機に小平、FW小野愛奈(おのあいな)などが果敢にゴールに迫ったが、第3ピリオドに2点を奪われて突き放された。

 決勝...    
<記事全文を読む>