西田修平・安田矩明記念室内棒高跳び湖西大会(湖西市、静岡陸上競技協会、日本棒高跳クラブ主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が25日、湖西市アメニティプラザで開かれた。3人が最高記録5メートル20で並び、試技の成績などで鈴木康太(中京大)が優勝した。

 全国トップ級などの男子15人が出場。5メートル83の日本記録保持者でリオ五輪7位入賞の沢野大地(富士通)は負傷のため棄権した。

 5メートル20をクリアしたのは鈴木、湖西市出身の笹瀬弘樹(スズキ浜松AC)、逸見俊太(京都陸協)。鈴木と逸見は次の5メートル30を成功できずに終了。笹瀬は5メートル30をパスして5メートル40に挑んだが、クリアはならな...    
<記事全文を読む>