【ラハティ(フィンランド)須貝剛】ノルディックスキー世界選手権の第4日は25日、フィンランドのラハティで、クラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る距離複合の女子(15キロ)が行われ、日本勢で唯一出場した石田正子(JR北海道)が、39分19秒3で10位に入った。

 36歳のマリット・ビョルゲン(ノルウェー)が37分57秒5で勝ち、今大会1個目、世界選手権単独最多となる通算15個目の金メダルを獲得した。

 また、24日に行われたジャンプ女子は、伊藤有希(土屋ホーム)が2位に入り、2大会連続の銀メダルに輝いた。初の個人での金メダルを狙った高梨沙羅(クラレ)は3位だった。カリーナ・フォクト(ドイツ...    
<記事全文を読む>