北上市下江釣子の盛岡大1年高橋美月さん(19)は25、26の両日、宮城県利府町で開かれる全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会に東北の大学から初めて出場する。「競泳の経験を生かし、人のためになることをしたい」と、昨年から盛岡ライフセービングクラブに所属。意欲的に練習に励み短期間で資格を取り、出場権を獲得した。

 ライフセービングは水辺の事故から人命を守る技術を身に付けるためのスポーツ。高橋さんは盛岡市内などのプールに通い、同クラブの松原浩一(ひろかず)代表の指導を受けながら週に数回の練習に励む。4歳から競泳を始め、高校時代には東北大会に3年連続で出場した。

 今回出場するのはプー...    
<記事全文を読む>