【ラハティ(フィンランド)須貝剛】ノルディックスキージャンプ女子の伊藤有希(22)=土屋ホーム、上川管内下川町出身=が24日、フィンランドのラハティで行われた世界選手権で、2大会連続となる銀メダルを獲得した。高梨沙羅(20)=クラレ、上川管内上川町出身=は3位で、この種目で日本勢初の金メダルはならなかった。

 伊藤は「ずっと目指してやってきた試合で、メダルが取れたのはすごくうれしい。内容的にも今季一番満足のいくものだった」と笑顔で話した。

 ソチ冬季五輪女王のカリーナ・フォクト(ドイツ)が2連覇を達成した。

...    
<記事全文を読む>