高橋はるみ知事は24日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの地方会場の費用負担を巡り、大会組織委員会が道内分の仮設施設整備費と運営費を計118億9千万円と試算したことに対し、「なぜこんなに多額の見積もりとなるのか。妥当性もしっかり精査してもらう必要がある」と疑問を呈した。

 東京都の小池百合子知事が地方会場を含めた仮設施設整備費の負担を受け入れる考えを示したことには「問題解決に向けて大きく動きだすきっかけになる」と期待感を示した上で、「地方の負担にならないよう引き続き必要な働きかけをしていきたい」と述べた。

...    
<記事全文を読む>