第8回札幌冬季アジア大会第6日は24日、札幌市でノルディックスキー距離の男子30キロリレーと女子20キロリレーが行われ、県勢を含む日本は男女とも金メダルに輝いた。

 男子リレーは1走の柏原暢仁選手(自衛隊・飯山南高―早大出)がトップと12秒差につけ、2走と3走の馬場直人選手(専修大・中野立志館高出)がカザフスタンと並走した。レンティング陽(あきら)選手(アキラ・飯山北高―早大出)がアンカー勝負を制し、カザフスタンに19秒差をつけた。レンティング選手は、23日の10キロクラシカルに続き、二つ目の金メダルを獲得した。

 女子リレーは宮崎日香里選手(中野立志館高)と滝沢こずえ選手(早大・飯山高出...    
<記事全文を読む>