第八回冬季アジア大会は六日目の二十四日、札幌市で各競技があり、スキー距離のリレーでは日本が男女そろって金メダルを獲得した。男子はレンティング陽(あきら)選手(チームアキラ)、柏原暢仁選手(自衛隊)、馬場直人選手(専大二年)、女子は宮崎日香里選手(中野立志館高三年)、滝沢こずえ選手(早大三年)たちが出場した。

 カーリングは、男子日本代表のSC軽井沢クラブが決勝で中国と対戦し、4-11で敗れて銀メダルだった。

 フリースタイルスキーの女子デュアルモーグルでは、伊藤みき選手(北野建設)が三位に入った。◆カーリング男子・SC軽井沢ク 銀も良い経験に 中国に大量得点を許し、第八エンド終了時にギブア...    
<記事全文を読む>