札幌冬季アジア大会第6日は24日、現地で競技を行い、バイアスロン男子12.5キロ追い抜きで立崎幹人(28)=青森県十和田市出身、野辺地高-早稲田大出、自衛隊=が金メダルを獲得した。県勢の今大会金メダル第1号で、10キロスプリントの「銅」に続く2つ目のメダルを手にした。立崎は東奥日報紙取材に対し「目標としている(2018年)平昌冬季五輪に向けて大きな弾みになった」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>