札幌市などで開かれている冬季アジア大会は二十四日、フリースタイルスキーのデュアルモーグル種目に出場した堀島行真選手(19)=中京大一年、岐阜県池田町出身=が頂点に立った。四方元幾選手(23)=愛知工業大四年=は準々決勝で堀島選手に敗れた。

 準々決勝に続いて再び日本人同士の対決となった決勝。堀島選手は、隣を滑る原大智選手(19)に対して序盤につけたわずかなリードを保ち、ゴールラインを抜けた。

 「先制して前に前にという意識でいた」。後半のエアーは着地の早さを優先して難易度を下げたため、最初のエアーに大技を持ってきた。判断が奏功した形だが、「こぶの変化に対応しきれないところがあった」と冷静に...    
<記事全文を読む>