テニスの島津全日本室内選手権第5日は23日、島津アリーナ京都で男女シングルス2回戦と男女ダブルス準々決勝を行い、シングルスは8強、ダブルスは4強が出そろった。

 女子シングルスは、村瀬早香(慶大、京都外大西高出)が6-4、5-7、3-6で山外涼月(Club MASA)に競り負けた。第1シードの桑田寛子(島津製作所)は快勝。森本凪咲(PLUS LIST、華頂女高出)は藤原里華(北日本物産)にストレート負けした。女子ダブルスは、梶谷桜舞・西本恵組(ともに島津製作所)や、押野紗穂(慶大)・村瀬組が勝ち進んだ。

 男子シングルスは、第1シードの杉田祐一(三菱電機)がドイツ選手にフルセットで勝ち、8...    
<記事全文を読む>