札幌冬季アジア大会第5日(23日)アルペンスキー女子大回転は長谷川絵美(サンミリオンク・六日町高出)が制し、安藤麻(東洋大)が2位、荒井美桜(サンミリオンク)が3位と日本勢が上位を占めた。ノルディックスキー距離は女子5キロクラシカルを小林由貴(岐阜日野自動車・十日町高出)が制し、10キロフリーとの2冠を達成した。男子10キロクラシカルはレンティング陽(アキラ)が優勝し、清水康平(自衛隊)が3位。

 バイアスロンはスプリントに自衛隊勢の日本が臨み、男子10キロで立崎幹人が銅メダルを獲得した。枋木司は4位、永井順二は6位、尾崎光輔は12位。

 女子7・5キロは古谷沙理の9位が最高で、立崎芙由子...    
<記事全文を読む>