第71回盛岡市内一周継走大会の主催者会議は22日、盛岡市内丸の岩手日報社で開かれ、4月16日の大会開催を決めた。

 岩手陸協や県教委、県高体連、県中体連などの関係者12人が出席し、開催要項などを協議した。

 大会は同市みたけ1丁目の県営運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで実施。男女の中学校、高校、一般の計6部門で行われ、男子は5人、女子は4人がコースを1人1周する。距離は中学校が1周3・8キロ、高校、一般男子が同5・9キロ、高校、一般女子が同3・6キロで、昨年からコースの変更はない。

 昨年実施した参加者への個人記録証授与のため、参加料を千円引き上げる。

 開会式は午前8時半から同競技...    
<記事全文を読む>