水上スポーツ「ウェイクボード」の世界選手権が2018年夏、三好市池田町の吉野川・池田ダム湖で開かれることが21日、確実になった。アジアでは初めての開催で、第30回の記念大会となる。24日に県庁で関係者による締結式があり、正式決定する。

 世界選手権は毎年開かれ、三好市では8月30日~9月2日の4日間実施される。欧米やアジア、オーストラリア、カナダなどの約30カ国からプロ・アマチュア合わせて約200人が出場し、男女・年齢別に分かれて争う。

 締結式には世界協会のシャノン・スターリング会長、アジア協会の薄田克彦会長(世界協会副会長)、飯泉嘉門知事、黒川征一三好市長の4人が出席し、協定書にサイン...    
<記事全文を読む>