宮城野部屋に入門した金沢学院大相撲部の中村友(ゆう)哉(や)選手(金沢市出身、金沢学院高OB)は21日、東京・墨田区で会見し、「体が小さいからこそ取れる相撲で土俵を盛り上げたい。まずは関取になるのが一番の目標」と活躍を誓った。同部屋の横綱白鵬が同席し、「しっかりと稽古をつけて本場所に送り出したい」と22歳のホープに期待を込めた。

 中村選手は昨夏に宮城野部屋の関係者から声を掛けられ、今年1月に部屋を見学した際、白鵬からスカウトを受けた。「世界で一番強い方。ついていけば間違いないと思った」と語った。対戦したい力士に西南部中の同級生だった輝(七尾市出身、高田川部屋)を挙げる。
<...    
<記事全文を読む>