伊達・大滝クロスカントリースキークラブ所属の長崎保英さん(洞爺湖町青葉町)が、26日にオホーツク管内湧別町などで開かれる、湧別原野オホーツククロカンスキー大会(85キロ)に出場する。完走すれば、道内七つの大会の最長距離部門を制した選手が手にする「セブンスタースキー完走証」の2度目の獲得となる。きょう21日は80歳の誕生日。傘寿の挑戦だ。

 セブンスタースキーは、毎年2~4月に道内で開催する歩くスキー、クロカンスキーの大会で構成。各大会の最長コース(30~85キロ)七つを走破すると、北海道セブンスタースキー組織委員会(事務局・上川管内美瑛町)から完走証が贈られ、名前や記録などが保存される。...    
<記事全文を読む>