サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は21日に開幕して1次リーグが行われ、9年ぶりの優勝を目指す日本勢は鹿島、浦和、川崎、G大阪の4チームが出場する。20日はF組の浦和とE組の鹿島が試合前日の最終調整に臨んだ。◆アクシデントも 田坂ら選手奮起 アジアの頂点を懸けた戦いがいよいよ近づいてきた。グループステージ初戦の水原戦は22日午後7時、ホームの等々力競技場でキックオフする。新主将の小林は「しっかりキャンプで準備をしてきた。早く試合をしたい」と臨戦態勢を整えた。

 20日は前線の組み合わせを積極的に組み替えながら戦術を確認。不動の右サイドバックのエウシーニョが開幕直前に戦線離脱...    
<記事全文を読む>