18、19日に秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で競技が行われたモーグル国際大会「2017FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会」のレースディレクターを務めたコンラッド・ロタームンド氏(53)=米国=が20日、県庁を訪れ、堀井啓一副知事と同大会について懇談した。ロタームンド氏は「スタッフの準備がよく、もてなしも温かい。選手は『これだけ素晴らしい開催地は他にない』と喜んでいる」と評価した。

 秋田たざわ湖大会は2015年から開催され、今年で3度目。18日にモーグル、19日にデュアルモーグルを実施。2日間で8千人(主催者発表)の観客が詰め掛け、世界トップレベルの技の競演...    
<記事全文を読む>