下関市は2020年の東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ誘致に向け、トルコ語の誘致ガイド100部を製作した。市はトルコ最大の都市イスタンブール市と姉妹都市を締結して長年友好関係を築いており、駐日トルコ大使館に50部を持参するなどして誘致活動を本格化させる。

 市はサッカーやバレーボールなど5種目の事前キャンプ誘致を目指す。ガイドはA4判で、拠点となる県立下関武道館や下関球場「オーヴィジョンスタジアム下関」など各施設の概要、宿泊施設と収容人数をガイドで紹介している。

 市内へは福岡空港から新幹線で約30分、北九州空港から車で約40分、山口宇部空港から車で約45分と利便性も高いことを強調。市...    
<記事全文を読む>