19日午前9時5分ごろ、行田市長野の市道で、自転車ロードレース「浮城のまち行田クリテリウム」の競技中、参加者の4台が関係する事故があり、うち3台が転倒。2人が病院に搬送され、山形県東根市若木通り1丁目の農業西塔昭彦さん(55)が頭などを強く打って死亡。鴻巣市の男性(53)が、鎖骨と肋骨(ろっこつ)を折るけがを負った。

 行田署によると、レースは行田浄水場西側付近の公道を周回するコースで、1周約2・7キロ。当時は50代から60歳以上の部が行われており、当日受け付けも含めて13人が出場していた。

 レースは最後の4週目で、事故はゴール手前約120メートルの地点で発生した。西塔さんがほかの参加...    
<記事全文を読む>