来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケート四大陸選手権で、兵庫県芦屋高校2年の三原舞依選手(17)が優勝したことを受け、同校でも喜びの声が広がっている。3月上旬には、代表に選ばれている世界選手権に向け、全校生徒が参加する壮行会の開催も決まった。

 昨年12月のグランプリシリーズで3位に入賞し、波に乗る三原選手。1月には芦屋市役所を訪れ、山中健市長に「技術や表現力を磨いて、トップの選手に追いつきたい」と抱負を語っていた。

 一昨年、関節が痛む病気を発症。「リンクに立てない苦しさがあったからこそ、滑れる喜びを表現したい」と述べた通りの演技を、大舞台で披露した。

 四...    
<記事全文を読む>