女子13~14歳自由形は松永(とこはSS、静岡観山中)の独り舞台だった。個人3種目に優勝。50メートルは大会記録を0秒51縮める自己新の26秒30をマークし「100メートルと200メートルは自己新を逃したけど、すべて出し切れた」と納得の表情を浮かべた。

 スタートから15メートルまでの爆発力は抜群。冬場はキックの動きを見直し、持ち味のスピードを磨いた。スタミナ不足は課題だが、1月の大会から積極的に200メートルにも出場し、「苦手だった後半も(体力が)もつようになってきた」と手応えを感じている。

 3月のジュニア五輪は50メートル、100メートルの決勝進出が目標。「(夏の)全中優勝を目指し、...    
<記事全文を読む>