長野県小谷村の白馬乗鞍温泉スキー場で開かれていたスノーボードの全国障がい者選手権で19日、平昌パラリンピック出場を目指し出場したリオデジャネイロ・パラリンピック陸上走り幅跳び銀メダルの山本篤選手(34)=スズキ浜松AC、掛川市出身=がスノーボードクロス男子大腿(だいたい)義足の部で優勝した。「一つだけ評価できるのは優勝したこと。ラッキーだった」と控えめに喜んだ。

 障害者陸上の第一人者は、スノーボードでも勝負強さを見せつけた。準決勝を勝ち上がって迎えた決勝では、一対一で争った相手が序盤で転倒したのを尻目に、冷静な滑りで先着した。

 同じ大腿義足の日本代表選手に勝ち、潜在能力をアピール。資格...    
<記事全文を読む>