冬季競技でアジアの頂点を競う第8回冬季アジア競技大会は19日、札幌市の札幌ドームで皇太子さまを招いて開会式を行い、26日までの熱戦の幕が開けた。1998年長野五輪ノルディックスキー・ジャンプ団体金メダリストの原田雅彦さん(48)が聖火リレーの最終走者を務め、聖火台に火をともした。

  開会式の前に行われたスノーボードの女子大回転で家根谷依里(32)=大林組=が優勝し、全競技を通じて今大会の金メダル第1号に輝いた。32カ国・地域から約2千人の選手・役員が参加し、札幌市を中心に5競技64種目を実施する。

 本県関係では、距離女子の小林由貴(岐阜日野自動車・十日町高出)、アルペン女子の長谷川絵美...    
<記事全文を読む>