2016年分の所得税の確定申告の受け付けが全国の税務署で始まった16日、川口市青木の川口オートレース場内で同レース場所属の森且行選手と佐藤摩弥選手が、税務署に行かずに自宅で申告書を作成する方法をPRした。

 両選手は、国税庁ホームページ(HP)の「確定申告書作成コーナー」を利用する模擬体験。税務署担当者の説明を受けながらパソコンに向かい、約15分ほどで税務署に郵送する書面作成が完了した。

 森選手は「パソコン操作は不安だったが、簡単で便利だ。税務署に行かずに余った時間はぜひ、オートレースを見に来てください」とPR。佐藤選手は「昨年よりたくさん税金を払えるよう、たくさん賞金を稼ぎたい」と笑顔...    
<記事全文を読む>