フリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会の競技が18日、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で始まった。19日まで。

 15カ国から選手88人が出場。18日は断続的に雪が降る中、男女それぞれのモーグルを行った。

 田沢湖を望むコースはW杯としては長めの約240メートル。選手は高速ターンを見せたり、エアで高難度の技を決めたりして約3000人の観客を沸かせた。

 19日は男女のデュアルモーグルがある。正午から予選、午後1時半から決勝の予定。

 秋田開催は3回目。17日は開会式がスキー場であった。歓迎パーティーには、なまはげが登場し、迫力ある太鼓のばちさばきを披露。餅つきもあり、選手たち...    
<記事全文を読む>