牛久市で十八日開かれた稀勢の里関の祝賀パレードと市民栄誉賞贈呈式には、茨城が生んだ横綱を一目みようと多くの好角家が駆け付けた。沿道などは身動きが取れないほど人が集まり、待ちに待った横綱昇進を祝った。

 (越田普之、山下葉月、坂入基之) 「顔がちょっとしか見えなかったけど、『おめでとう』と言えてうれしかった」と話すのは栗原宇津さん(62)=かすみがうら市。孫の光さん(8つ)と一緒に応援に駆け付けた。稀勢の里関の優勝関連の記事が載る新聞は一通り購入しているといい、今後は国技館にも足を運ぶつもりだ。

 小野寺治子さん(72)=牛久市=は十八歳当時の稀勢の里関を知っている。市内にあるみどり野区の区...    
<記事全文を読む>