県ボクシング連盟(島袋洋会長)は18日、全国大会を制した3選手をたたえる祝賀会を那覇市松尾の八汐荘で行った。対象となったのは、昨年の第86回全日本選手権大会で優勝したバンタム級の東江勇太(首里東高-平成国際大-矢代ボクシングフィットネスクラブ)、ライトヘビー級のジョンソン・ジュリアン(宮古総実高-日体大-沖縄水産高教諭)と、同選手権に加えていわて国体も制覇したウエルター級の金城大明(那覇高-東洋大、自衛隊体育学校)。同連盟によると、県勢の全日本選手権大会優勝は22年ぶり、国体の優勝は16年ぶりという。

 家族や指導者から激励された東江は「支えてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱい。これから...    
<記事全文を読む>