日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは18日、愛知県の刈谷市体育館でトヨタ自動車東日本と対戦し26―25の接戦を制した。今季の成績は7勝6敗1分け。

 序盤から両チームのエースを中心としたシーソーゲームが続き、コラソンは追い掛ける展開が続いた。

 前半を13―13で折り返したコラソンは後半10分ごろから1点を先行する展開をつくる。後半24分ごろに相手選手1人が退場すると、着実に加点し、最終盤は相手猛攻を粘り強い守備とGK内田武志の好セーブで振り切った。

 次戦は25日に岩手県の花巻市総合体育館で大崎電気と対戦する。▽男子琉球コラソン 7勝1分け6敗 26―25(13―13,13―1...    
<記事全文を読む>