来月4日に落成し、5日に一般公開を予定している沖縄空手会館の報道陣向け内覧会が17日午前、豊見城市豊見城の同館であった。施設内部はほぼ完成しており、展示施設などの最終調整が進んでいる。外部は急ピッチで作業が進んでいる。

 同館は道場施設、展示施設、特別道場の3主要施設で構成されている。道場施設は同時に4試合できる広さを確保した。床はアカマツ、壁面にはヒノキの木材を使っており、屋内には木の香りが広がっている。観客数は380席。立ち見を含めると約600人が観戦できる構造。大規模な大会は3千人余りの観客を収容できる県立武道館で開催し、同館は小中規模の大会などで使用される。

 展示施設は空手の歴史...    
<記事全文を読む>