日本女子ソフトボールリーグ1部のシオノギ製薬女子ソフト部(兵庫県尼崎市)の掛け声が、都城市の高城運動公園で響いている。

 17日は雨の影響で球場が使用できなかったため、室内練習場でメニューをこなした。都城東高卒の古藤(ことう)優実選手らの内野陣は、連係プレーを中心に練習して守備力を強化。時折リラックスした表情を見せながら汗を流していた。

...    
<記事全文を読む>