【長野県白馬村で本社取材班】第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」スキー競技会最終日は17日、長野県白馬村で行われ、本県は距離女子20キロリレーで7位に入り、5年連続入賞を果たした。ともに40キロの成年男子リレーは10位、少年男子リレーは12位に終わり、入賞を逃した。

 本県は優勝2種目を含む入賞11で63点(参加点10点を含む、以下同)を獲得し、過去最高に並ぶ競技別総合5位入賞を2年ぶりに達成。地元開催だった前回(53点、8位)を得点、順位とも上回った。1月のスケート、アイスホッケーを合わせた冬季大会の男女総合成績(天皇杯)は175点で4位につけ、1988年の2巡目国体以降最高...    
<記事全文を読む>