第72回国体冬季大会「ながの銀嶺国体」スキー競技会最終日は17日、北安曇郡白馬村で大回転と距離を行い、県勢は大回転少年男子の久保田拓選手(中野西高)が2位、距離女子20キロリレーは3位に入った。スキー競技会は全日程を終了し、長野県は男女総合(天皇杯)得点、女子総合(皇后杯)得点ともに3位となった。ながの銀嶺国体はこれで全競技を終了した。

 長野県は1月のスケート競技会で、男女総合、女子総合のダブル優勝を果たした。同月のアイスホッケー競技会、スキー競技会の得点を合わせた冬季大会の男女総合得点を430点に伸ばし、420点の北海道を抑えて1位を守った。女子総合得点は171点となり、2位の北海...    
<記事全文を読む>