南半球の強豪で争うスーパーラグビー(SR)は23日に2017年シーズンが開幕し、参入2年目となる日本のサンウルブズは25日に東京・秩父宮ラグビー場で初戦を迎える。急造ぶりを露呈した1年目は1勝1分け13敗だったが、今年は約50人のうち日本代表経験者がPR三上正貴(青森工-東海大出、東芝)ら30人以上。代表を土台とした新体制で飛躍を狙っている。

...    
<記事全文を読む>