第72回国民体育大会「ながの銀嶺国体」冬季スキー競技会最終日は17日、長野県白馬村でリレーなど4種目を行い、県勢はリレー女子、同成年男子で優勝、同少年男子で準優勝を飾り、スキー競技会の天皇杯(男女総合成績)と皇后杯(女子総合成績)を獲得した。天皇杯は10年ぶり2回目、皇后杯は3年ぶり7回目。天皇杯と皇后杯を同時に獲得するのは初めて。今大会の県勢は個人種目4、リレー2の計6種目を制した。

...    
<記事全文を読む>